リノベーションで準備する費用について

###Site Name###

TOP > リノベーションで準備する費用について

リノベーションは理想の住宅を実現するのに役立ちますが、その分費用もかかります。
まず物件を購入するための費用を用意します。

中古住宅や中古マンションを購入する場合は、物件購入費と諸経費が必要です。

リノベーションは、非常に大きな工事です。


よって費用の負担は小さくありません。

中古マンションのリノベーションのデザインのことなら、こちらをご参考にしてください。

しかし、外観や共用部分だけの工事ならば小規模工事が行われ、費用も軽減されます。

費用を500万円以下に抑えたい時の工事は、建物の部分的なものや一部の間取りの変更などに限られます。
耐震性の向上を合わせて行うこともできます。

キッチンを大幅に配置変更しようとすると、給排水管などの工事を伴うので、500万円を超えてしまいます。



500万円~1000万円の価格帯では、間取りの変更や耐震補強や増築、外壁の取り換えといった大規模な工事が可能です。

またアイランド型のオープンなキッチンやドアをアンティーク風に仕上げるなどのデザインにもこだわることができます。

部分的な工事の場合、仮住宅に引っ越さない選択肢もありますが、騒音などの精神的ストレスの影響を受ける恐れがあるので、一時的な引越しも費用に含めておく必要があります。

また、工事を始めることを近隣住民に伝えるために手土産を持って行ったり、新しい家に置く家具や電化製品、カーテンなどの買ったりすれば、費用がかかります。

工事が終わっても、リノベーション物件に引っ越すための費用が必要です。



管理費や固定資産税などの税金を払います。